• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東芝、スイッチング時間を0.6μsに短縮したストロボ・フラッシュ用IGBTを発売

東芝、スイッチング時間を0.6μsに短縮したストロボ・フラッシュ用IGBTを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/01/19 00:06
  • 1/1ページ
 東芝は、スイッチング時間を0.6μs(標準値)に短縮したストロボ・フラッシュ用IGBT(insulated gate bipolar transistor)「GT5G134」を発売した。同社従来品に比べて、スイッチング時間を1/3に短くしたとする。デジタル・スチル・カメラなどに向ける。

おすすめ