• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 富士通、データベース処理をハードウエアで強化したMPU「SPARC64 X」を開発し、UNIXサーバーの新製品に搭載

富士通、データベース処理をハードウエアで強化したMPU「SPARC64 X」を開発し、UNIXサーバーの新製品に搭載

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/18 15:21
  • 1/1ページ
 富士通は同社のSPARC64シリーズの最新マイクロプロセサ(MPU)である「SPARC64 X(テン)」を開発し、同MPUを搭載したUNIXサーバーの新製品「SPARC M10」を2013年1月18日に東京都内で発表した。SPARC64 Xは、16個のプロセサ・コアを内蔵し、最大動作周波数は3.0GHz。台湾TSMC社が28nmプロセスで製造する。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓