• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 横河電機、処理スピードと精度を高めた位置決め制御信号用出力装置

横河電機、処理スピードと精度を高めた位置決め制御信号用出力装置

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/01/17 17:07
  • 1/1ページ
 横河電機は工場設備などに向くコントローラ「FA-M3」用の位置決めモジュール「F3YP22-0P」「F3YP24-0P」「F3YP28-0P」を2013年1月15日に発売した。F3YP22-0Pは1モジュールで2軸(モータ2台)、F3YP24-0Pは4軸、F3YP28-0Pは8軸を制御できる。従来機種に比べて、モータを起動するまでの時間を1/3にするなどの高速化と、位置決め制御周期の短縮による高精度化を図った。
【技術者塾】(6/15,7/7開催)
トヨタの課題解決の基本「QCストーリー」の実践


PDCAをきちんと回して仕事をうまく進める方法の基本である「QCストーリー」について、具体的な実施手順と要点を学習します。QCストーリーは、トヨタ自動車およびトヨタグループをはじめ、多くの企業で活用されている手法です。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月15日 / 2016年7月7日
会場 : Learning Square新橋 / リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ