• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 三松、工場用ロボットなど動作を検証する3Dシミュレータを開発

三松、工場用ロボットなど動作を検証する3Dシミュレータを開発

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/01/16 18:35
  • 1/1ページ
 三松(本社福岡県筑紫野市)は、ロボットなどの工場の生産設備の3Dデータを基に、動作を検証できるシミュレータ「SMASH」を開発したことを明らかにした。2012年夏には川崎重工業製の多関節ロボット(6軸)のコントローラと接続可能にした。川崎重工業の他、三菱電機のロボットコントローラとも接続でき、制御プログラムの妥当性を検証できる。「工場全体というより、個々の装置の動作検証を目的とした」(同社エンジニアリング部担当部長の西尾昭氏)という。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ