• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 三松、工場用ロボットなど動作を検証する3Dシミュレータを開発

三松、工場用ロボットなど動作を検証する3Dシミュレータを開発

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/01/16 18:35
  • 1/1ページ
 三松(本社福岡県筑紫野市)は、ロボットなどの工場の生産設備の3Dデータを基に、動作を検証できるシミュレータ「SMASH」を開発したことを明らかにした。2012年夏には川崎重工業製の多関節ロボット(6軸)のコントローラと接続可能にした。川崎重工業の他、三菱電機のロボットコントローラとも接続でき、制御プログラムの妥当性を検証できる。「工場全体というより、個々の装置の動作検証を目的とした」(同社エンジニアリング部担当部長の西尾昭氏)という。
【技術者塾】(6/15,7/7開催)
トヨタの課題解決の基本「QCストーリー」の実践


PDCAをきちんと回して仕事をうまく進める方法の基本である「QCストーリー」について、具体的な実施手順と要点を学習します。QCストーリーは、トヨタ自動車およびトヨタグループをはじめ、多くの企業で活用されている手法です。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月15日 / 2016年7月7日
会場 : Learning Square新橋 / リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ