• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 東北大学と昭和電工がグラフェンの量産技術を開発、超臨界流体で剥離

東北大学と昭和電工がグラフェンの量産技術を開発、超臨界流体で剥離

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/11 15:17
  • 1/1ページ
東北大学 多元物質科学研究所と昭和電工は、良質なグラフェン片を量産する技術を開発したと発表した。クルマ向けの電池材料や軽量高強度構造部材としてのグラフェンの利用に向けて、重要な一歩となりそうだ。
【技術者塾】(6/15,7/7開催)
トヨタの課題解決の基本「QCストーリー」の実践


PDCAをきちんと回して仕事をうまく進める方法の基本である「QCストーリー」について、具体的な実施手順と要点を学習します。QCストーリーは、トヨタ自動車およびトヨタグループをはじめ、多くの企業で活用されている手法です。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月15日 / 2016年7月7日
会場 : Learning Square新橋 / リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ