• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 東北大学と昭和電工がグラフェンの量産技術を開発、超臨界流体で剥離

東北大学と昭和電工がグラフェンの量産技術を開発、超臨界流体で剥離

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/11 15:17
  • 1/1ページ
東北大学 多元物質科学研究所と昭和電工は、良質なグラフェン片を量産する技術を開発したと発表した。クルマ向けの電池材料や軽量高強度構造部材としてのグラフェンの利用に向けて、重要な一歩となりそうだ。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓