• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東北大学と昭和電工がグラフェンの量産技術を開発、超臨界流体で剥離

東北大学と昭和電工がグラフェンの量産技術を開発、超臨界流体で剥離

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/11 15:17
  • 1/1ページ
東北大学 多元物質科学研究所と昭和電工は、良質なグラフェン片を量産する技術を開発したと発表した。クルマ向けの電池材料や軽量高強度構造部材としてのグラフェンの利用に向けて、重要な一歩となりそうだ。
【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓