• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、動作温度範囲が-40~+125℃と広いフォトカプラ内蔵のゲート駆動ICを発売

東芝、動作温度範囲が-40~+125℃と広いフォトカプラ内蔵のゲート駆動ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/01/09 22:18
  • 1/1ページ
 東芝は、動作温度範囲が-40~+125℃と広いフォトカプラ内蔵のゲート駆動IC「TLP250H」を発売した。量産は2013年2月に開始する。中容量のIGBTやパワーMOSFETの駆動に向ける。具体的な用途としては、家庭用太陽光発電システムのパワー・コンディショナや汎用インバータ、IH (induction heating)機器などを挙げている。

おすすめ