• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > NSK、新興国向けに、耐久性が高く、感触のよいEPS用の中間軸を開発

NSK、新興国向けに、耐久性が高く、感触のよいEPS用の中間軸を開発

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2012/12/28 15:06
  • 1/1ページ
 日本精工(NSK)は、新興国の荒れた路面向けに、耐久性が高く、感触のよいコラムアシスト式EPS(電動パワーステアリング)用の中間軸を開発した。コラムアシスト式のEPSでは、モータの力を、中間軸を介してタイロッドに伝える。中間軸は、回転(操舵角と操舵力)を伝えるだけでなく、伸縮することで、車体のたわみを吸収する。
自動車未来サミット/モビリティーNEXT2016の告知サイト

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓