• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 東芝、ノートPCの内蔵HDDの故障を事前に予測する技術を開発---HDDの稼働データなどビッグデータを活用

東芝、ノートPCの内蔵HDDの故障を事前に予測する技術を開発---HDDの稼働データなどビッグデータを活用

  • 荻原 博之=日経ものづくり
  • 2012/12/27 10:28
  • 1/1ページ

 東芝は、ノートパソコン(PC)から取得した内蔵ハードディスク・ドライブ(HDD)の読み取りエラー回数や稼働時間などのデータと故障したHDDのデータを基に、HDDの故障を事前に予測する技術を開発した。これにより、HDDが故障する前にデータのバックアップを取れるようになり、重要なデータの消失を防ぐことができる。この技術は、企業向けノートPCの管理ツール「東芝スマートクライアントマネージャー」に新機能として搭載され、2013年度に商品化される予定。

 今回の技術の開発に当たって、東芝は、ソフトウェア「東芝PCヘルスモニタ」を搭載した同社製ノートPC、166万台分のHDDの稼働データと、同社修理センターに蓄積された故障HDDのデータを活用した。東芝PCヘルスモニタではユーザーの同意に基づき、HDDや冷却システム、バッテリなどの稼働データを取得している。こうしたビッグデータを基に作成した750種類以上のHDDの稼働データの特徴を分析し、故障の起こりやすい状態が継続する期間の予測を可能にした。この期間中にデータをバックアップする頻度を増やせば、データ消失のリスクを抑えることができる。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓