家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

東芝、ノートPCの内蔵HDDの故障を事前に予測する技術を開発---HDDの稼働データなどビッグデータを活用

荻原 博之=日経ものづくり
2012/12/27 10:28
印刷用ページ

 東芝は、ノートパソコン(PC)から取得した内蔵ハードディスク・ドライブ(HDD)の読み取りエラー回数や稼働時間などのデータと故障したHDDのデータを基に、HDDの故障を事前に予測する技術を開発した。これにより、HDDが故障する前にデータのバックアップを取れるようになり、重要なデータの消失を防ぐことができる。この技術は、企業向けノートPCの管理ツール「東芝スマートクライアントマネージャー」に新機能として搭載され、2013年度に商品化される予定。

 今回の技術の開発に当たって、東芝は、ソフトウェア「東芝PCヘルスモニタ」を搭載した同社製ノートPC、166万台分のHDDの稼働データと、同社修理センターに蓄積された故障HDDのデータを活用した。東芝PCヘルスモニタではユーザーの同意に基づき、HDDや冷却システム、バッテリなどの稼働データを取得している。こうしたビッグデータを基に作成した750種類以上のHDDの稼働データの特徴を分析し、故障の起こりやすい状態が継続する期間の予測を可能にした。この期間中にデータをバックアップする頻度を増やせば、データ消失のリスクを抑えることができる。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング