• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 東芝、ノートPCの内蔵HDDの故障を事前に予測する技術を開発---HDDの稼働データなどビッグデータを活用

東芝、ノートPCの内蔵HDDの故障を事前に予測する技術を開発---HDDの稼働データなどビッグデータを活用

  • 荻原 博之=日経ものづくり
  • 2012/12/27 10:28
  • 1/1ページ

 東芝は、ノートパソコン(PC)から取得した内蔵ハードディスク・ドライブ(HDD)の読み取りエラー回数や稼働時間などのデータと故障したHDDのデータを基に、HDDの故障を事前に予測する技術を開発した。これにより、HDDが故障する前にデータのバックアップを取れるようになり、重要なデータの消失を防ぐことができる。この技術は、企業向けノートPCの管理ツール「東芝スマートクライアントマネージャー」に新機能として搭載され、2013年度に商品化される予定。

 今回の技術の開発に当たって、東芝は、ソフトウェア「東芝PCヘルスモニタ」を搭載した同社製ノートPC、166万台分のHDDの稼働データと、同社修理センターに蓄積された故障HDDのデータを活用した。東芝PCヘルスモニタではユーザーの同意に基づき、HDDや冷却システム、バッテリなどの稼働データを取得している。こうしたビッグデータを基に作成した750種類以上のHDDの稼働データの特徴を分析し、故障の起こりやすい状態が継続する期間の予測を可能にした。この期間中にデータをバックアップする頻度を増やせば、データ消失のリスクを抑えることができる。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ