設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

上から近づいて不審者を監視、セコムが防犯用に空飛ぶ小型監視ロボットを開発

吉田 勝=日経ものづくり
2012/12/26 17:34
印刷用ページ
セコムが開発した小型飛行監視ロボット
セコムが開発した小型飛行監視ロボット
[クリックすると拡大した画像が開きます]
セキュリティー・システムのイメージ
セキュリティー・システムのイメージ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
背面からみたところ
背面からみたところ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
不審者を監視するデモンストレーション
不審者を監視するデモンストレーション
[クリックすると拡大した画像が開きます]
不審者の周囲を旋回しながら撮影。ナンバープレートの位置を重点的に撮る
不審者の周囲を旋回しながら撮影。ナンバープレートの位置を重点的に撮る
[クリックすると拡大した画像が開きます]
飛行監視ロボットが撮影している画像
飛行監視ロボットが撮影している画像
[クリックすると拡大した画像が開きます]
正面に中央にカメラと2つのLED照明を備える。夜間でもクルマの色を特定できるという
正面に中央にカメラと2つのLED照明を備える。夜間でもクルマの色を特定できるという
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 セコムは、民間防犯向けに自律型の小型飛行監視ロボットを開発した(ニュースリリース)。商業施設の駐車場や工場、倉庫の敷地内などに許可されていない人やクルマが侵入すると、幅と奥行きが80cm四方ほどの同ロボットが上空から近づいて不審車や不審人物を撮影する。監視カメラがないもしくは遠い場所でも、不審車などに近づいて証跡性の高い写真が撮れる。

 ロボットのベースとなっている飛行機構(飛行台車)は独Ascending Technologies社の汎用製品で、これにレーザセンサやカメラ、通信機器、コンピュータ、LED照明などを搭載した。4枚の回転翼を備えており、ヘリコプターのように移動したりホバリングしたりできる。質量は約1.6kgで、15分ほどの連続飛行が可能だ。

 例えば警備対象施設の駐車場に不審車が進入すると、まず施設に設置されたセキュリティーシステムのレーザセンサがその停車位置を検出し飛行監視ロボットにその情報を送信する。同ロボットは、平時は施設の屋上などに設置した充電機能を備えたステーションで待機しているが、位置情報を受け取ると自律的に不審車の近くまで飛んで行き、上空で数mほどの距離をとりながら周囲を旋回して不審車を撮影する。レーザセンサと映像の画像解析によってクルマの前後方向を特定し、ナンバープレートの付近を重点的に撮影することも可能。常に数mの距離をとって追跡するのは、不審者などから反撃を受けにくいようにするためだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング