• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 埼玉大学が双方向のワイヤレス給電技術を開発、ギャップ長を2倍に

埼玉大学が双方向のワイヤレス給電技術を開発、ギャップ長を2倍に

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2012/12/25 08:00
  • 1/1ページ
埼玉大学は、電気自動車(EV)に向けた双方向のワイヤレス給電システムを試作した。充電器からEVに対して給電するのに加え、EV側から逆に給電することが可能になるという。EVと家庭で電力の融通を行うV2Hや、V2Gといったコンセプトへの応用を想定する。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ