設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

JR東海、東海道新幹線の脱線・逸脱防止対策を強化---東海地震に備えて脱線防止ガードの適用区間を拡大

高野 敦=日経ものづくり
2012/12/21 12:58
印刷用ページ
 東海旅客鉄道(JR東海)は、東海道新幹線において東海地震で強く長い揺れが想定される区間などを対象に新たな脱線・逸脱防止対策を実施する。現在敷設中の「脱線防止ガード」の適用区間を拡大する他、同ガードを有効に機能させるための土木構造物対策も行う。工期は2012年12月~2020年3月を予定しており、工事費は約830億円である。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング