• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 東芝らがMOS可変容量ダイオードの新シミュレーション・モデルを開発、DCからミリ波帯までカバー

東芝らがMOS可変容量ダイオードの新シミュレーション・モデルを開発、DCからミリ波帯までカバー

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2012/12/17 15:19
  • 1/1ページ
東芝は、岡山県立大学の伊藤信之氏(情報工学部情報通信工学科集積回路工学研究室 教授)と共同で、MOS可変容量ダイオードの新しい回路シミュレーション用モデルを開発したと発表した。DC~60GHzのミリ波帯まで1モデルでカバーできることが特徴である。

おすすめ

あなたにおすすめ