EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

【セミコン2012】「256個のMCUを同時テスト」、アドバンテストにT2000の最新モジュールを聞く

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/12/12 14:58
印刷用ページ

 アドバンテストは、同社のモジュール式SoCテスター「T2000」向けのテスト・モジュールの新製品3つを「セミコン・ジャパン 2012」(12月5日~7日に幕張メッセで開催)に出品した。100Mビット/秒のデジタル・テスト・モジュール(100MDM)、8Gビット/秒のデジタル・テスト・モジュール「8GDM」、3Gビット/秒のイメージ・キャプチャ・モジュール「3GICAP」である。同社のブースで、それぞれの開発の狙いや製品の特徴について聞いた。

図1●IMSの展示
テストヘッド(赤矢印の先)に100MDMが16枚収まっている。Tech-On!が撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 3製品のうちで、展示に最も力が入っていたのは、100MDMである。モジュール単体ではなく、電源筐体やテストヘッド、その他の周辺も含めた「Integrated Massive Parallel Test Solution」(Tech-On!関連記事1)として展示していた(図1)。同社の説明員によれば、IMSは8/16ビットのローエンド、ミッドレンジ・マイコンなどを狙ったテスト・システムである。

ローエンド・マイコンもT2000で対応

 同社はマイコン向けのT2000として、2006年に800Mビット/秒のデジタル・テスト・モジュール(800MDM)を搭載した製品(Tech-On!関連記事2)、2010年に250Mビット/秒のデジタル・テスト・モジュールを搭載した製品(同3)などを発表しているが、これらは32ビット品など基本的にハイエンド~ミッドレンジのマイコン向けだった。「以前はローエンド・マイコンは、従来型の(モジュール式ではない)T6500シリーズで対応していた」(同社の説明員)からだ。今回のIMSで、ローエンドのMCUもT2000でカバーするようにした。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング