• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Supertex、32チャネル入力の高耐圧アナログ・スイッチICを発売、超音波診断装置など向け

Supertex、32チャネル入力の高耐圧アナログ・スイッチICを発売、超音波診断装置など向け

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/12/11 23:42
  • 1/1ページ
 米Supertex社は、32チャネル入力の高耐圧アナログ・スイッチIC「HV2809」を発売した。高耐圧CMOS(HVCMOS)技術で製造した。正電源(VPP)と負電源(VNN)が必要。正電源の電圧範囲は+40V~VNN+200V。負電源の電圧範囲は-40~-160V。例えば、+40Vと−160V、+100Vと-100V、+160Vと-40Vなどの組み合わせが可能だ。アナログ・スイッチは、16PDT(16 pole double throw)スイッチとして機能するほか、2対1や4対1のマルチプレクサ/デマルチプレクサとして使用することもできる。超音波診断装置のプローブ選択用リレー回路の置き換えなどに向ける。置き換えることで、プリント基板上の実装面積を削減できるほか、可聴雑音を低減できるという。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓