設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

スマートシティやM2Mなど「つながる」時代に関する講演・展示が多数---TRONSHOW2013

高野 敦=日経ものづくり
2012/12/11 18:41
印刷用ページ
T-Engineフォーラム会長の坂村健氏
T-Engineフォーラム会長の坂村健氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 OSや開発プラットフォームなどの普及・標準化を目的とした非営利任意団体であるT-Engineフォーラムは、2012年12月12~14日に東京ミッドタウン ホールで開催する「TRONSHOW2013」の説明会を行い、同フォーラム会長の坂村健氏(東京大学大学院情報学環教授)が概要を説明した(ニュースリリース)。「TRON」を用いる組み込み機器の多くは「ネットワークへの接続が前提になりつつある」(同氏)ことから、スマートシティやM2M(Machine to Machine)、NFC(近距離無線通信)などに関する講演・展示を充実させたという。

 講演のテーマは幅広く、具体的には「広がるスマートシティ」「家電の未来」「半導体産業活性化に向けて」「ここまで来ている NFCを使ったモバイルサービス」といった題目のセッションが用意されている。

 TRONSHOWは同フォーラムの成果発表の場としても位置付けられており、坂村氏による「トロンプロジェクト」の活動報告も予定されている。今年の活動成果は主に2つあり、1つは高機能なリアルタイムOS「T-Kernel 2.0」向けのミドルウエア「T-Kernel 2.0 Extension」(T2EX)の開発、もう1つは個体識別技術である「ユビキタスIDアーキテクチャ」および「ucode」の国際標準化である。T2EXはT-Kernel 2.0にネットワーク通信機能やファイル管理機能などを追加するためのミドルウエアで、このほど開発が完了した。2012年12月12日のTRONSHOW2013開幕に合わせて一般向けにソースコードを公開する(ニュースリリース)。ユビキタスIDアーキテクチャおよびucodeは同年5月に国際電気通信連合(ITU)のITU-T勧告として国際標準に採用され、今後普及が進む見込みだ。特に欧州は「The Internet of Things」(The IoT)としてM2Mなどに関する研究に取り組んでおり、その中でユビキタスIDアーキテクチャやucodeが活用されるという。

 なお、2012年12月15日には同じ会場にて障害者や高齢者を支援するための最新技術を紹介する講演イベント「TEPS 2013」も開催する。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング