• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > スマートシティやM2Mなど「つながる」時代に関する講演・展示が多数---TRONSHOW2013

スマートシティやM2Mなど「つながる」時代に関する講演・展示が多数---TRONSHOW2013

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2012/12/11 18:41
  • 1/1ページ
T-Engineフォーラム会長の坂村健氏
T-Engineフォーラム会長の坂村健氏
[画像のクリックで拡大表示]

 OSや開発プラットフォームなどの普及・標準化を目的とした非営利任意団体であるT-Engineフォーラムは、2012年12月12~14日に東京ミッドタウン ホールで開催する「TRONSHOW2013」の説明会を行い、同フォーラム会長の坂村健氏(東京大学大学院情報学環教授)が概要を説明した(ニュースリリース)。「TRON」を用いる組み込み機器の多くは「ネットワークへの接続が前提になりつつある」(同氏)ことから、スマートシティやM2M(Machine to Machine)、NFC(近距離無線通信)などに関する講演・展示を充実させたという。

 講演のテーマは幅広く、具体的には「広がるスマートシティ」「家電の未来」「半導体産業活性化に向けて」「ここまで来ている NFCを使ったモバイルサービス」といった題目のセッションが用意されている。

 TRONSHOWは同フォーラムの成果発表の場としても位置付けられており、坂村氏による「トロンプロジェクト」の活動報告も予定されている。今年の活動成果は主に2つあり、1つは高機能なリアルタイムOS「T-Kernel 2.0」向けのミドルウエア「T-Kernel 2.0 Extension」(T2EX)の開発、もう1つは個体識別技術である「ユビキタスIDアーキテクチャ」および「ucode」の国際標準化である。T2EXはT-Kernel 2.0にネットワーク通信機能やファイル管理機能などを追加するためのミドルウエアで、このほど開発が完了した。2012年12月12日のTRONSHOW2013開幕に合わせて一般向けにソースコードを公開する(ニュースリリース)。ユビキタスIDアーキテクチャおよびucodeは同年5月に国際電気通信連合(ITU)のITU-T勧告として国際標準に採用され、今後普及が進む見込みだ。特に欧州は「The Internet of Things」(The IoT)としてM2Mなどに関する研究に取り組んでおり、その中でユビキタスIDアーキテクチャやucodeが活用されるという。

 なお、2012年12月15日には同じ会場にて障害者や高齢者を支援するための最新技術を紹介する講演イベント「TEPS 2013」も開催する。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓