• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 三菱重工、火力発電向けJ形タービンは世界最高効率とアピール---米GE-東芝に対抗

三菱重工、火力発電向けJ形タービンは世界最高効率とアピール---米GE-東芝に対抗

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2012/12/07 19:38
  • 1/1ページ
 三菱重工業は2012年12月7日、同社の最新型ガスタービン「M501J形」の長期実証実験において、起動回数100回、運転時間8000時間を突破したと発表した。同社は、その中でM501J形が「世界最高効率」(同社)とアピールした。さらに、同タービンを組み込んだガスタービン・コンバインド・サイクル(GTCC)発電システムについて、「同発電システムを効率で上回る火力発電システムはないと認識している」(同社)と説明している。
【技術者塾】(5/18開催)
エンジンのプロが教える 自動車エンジンの基礎・最新技術・将来

~高圧縮比化や可変圧縮比化、リーンバーン、HCCI、ヒートマネージメントなどについても解説~


トヨタ自動車で長年エンジンの設計開発を手掛けた講師が、エンジン技術を基本から解説します。その上で、地球温暖化/エネルギー・セキュリティーなどの点から考慮すべき技術課題を整理。エンジンの最新技術や、将来の動力源の技術動向、棲み分けについて解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月18日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ