半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

セイコーNPC、ATカット型振動子で32.768kHz出力を得る水晶発振器用ICを発売

山下 勝己=テクニカル・ライター
2012/12/06 23:01
印刷用ページ
 セイコーNPCは、ATカット型振動子で32.768kHz出力を得る水晶発振器用IC「CF5059Hシリーズ」を発売した。一般に、電子機器の時計機能に使われる32.768kHz出力は、音叉型水晶振動子を利用する。この音叉型水晶振動子は、2次の周波数温度特性を持つため、動作温度範囲が広くなればなるほど、周波数温度偏差が大きくなるという問題を抱えていた。例えば、-50~+125℃の動作温度範囲では月差で約15.6分に相当する-360ppmと大きい誤差が発生する。そこで同社は、3次の温度特性を持つATカット型水晶振動子を採用したわけだ。-50~+125℃の動作温度範囲での誤差は、月差で約2.6分に相当する±60ppmに抑えられる。携帯型電子機器や産業用電子機器などに向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング