• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > セイコーNPC、ATカット型振動子で32.768kHz出力を得る水晶発振器用ICを発売

セイコーNPC、ATカット型振動子で32.768kHz出力を得る水晶発振器用ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/12/06 23:01
  • 1/1ページ
 セイコーNPCは、ATカット型振動子で32.768kHz出力を得る水晶発振器用IC「CF5059Hシリーズ」を発売した。一般に、電子機器の時計機能に使われる32.768kHz出力は、音叉型水晶振動子を利用する。この音叉型水晶振動子は、2次の周波数温度特性を持つため、動作温度範囲が広くなればなるほど、周波数温度偏差が大きくなるという問題を抱えていた。例えば、-50~+125℃の動作温度範囲では月差で約15.6分に相当する-360ppmと大きい誤差が発生する。そこで同社は、3次の温度特性を持つATカット型水晶振動子を採用したわけだ。-50~+125℃の動作温度範囲での誤差は、月差で約2.6分に相当する±60ppmに抑えられる。携帯型電子機器や産業用電子機器などに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓