• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > セイコーNPC、ATカット型振動子で32.768kHz出力を得る水晶発振器用ICを発売

セイコーNPC、ATカット型振動子で32.768kHz出力を得る水晶発振器用ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/12/06 23:01
  • 1/1ページ
 セイコーNPCは、ATカット型振動子で32.768kHz出力を得る水晶発振器用IC「CF5059Hシリーズ」を発売した。一般に、電子機器の時計機能に使われる32.768kHz出力は、音叉型水晶振動子を利用する。この音叉型水晶振動子は、2次の周波数温度特性を持つため、動作温度範囲が広くなればなるほど、周波数温度偏差が大きくなるという問題を抱えていた。例えば、-50~+125℃の動作温度範囲では月差で約15.6分に相当する-360ppmと大きい誤差が発生する。そこで同社は、3次の温度特性を持つATカット型水晶振動子を採用したわけだ。-50~+125℃の動作温度範囲での誤差は、月差で約2.6分に相当する±60ppmに抑えられる。携帯型電子機器や産業用電子機器などに向ける。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ