• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Analog Devices、最大出力レートが250kサンプル/秒の24ビットA-D変換器ICを発売

Analog Devices、最大出力レートが250kサンプル/秒の24ビットA-D変換器ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/12/06 22:58
  • 1/1ページ
 米Analog Devices社は、出力レートを5サンプル/秒~250kサンプル/秒の範囲で設定できる24ビットA-D変換器IC「AD7176-2」を発売した。ΔΣ(デルタ・シグマ)型のA-D変換器である。同社によると、「従来品に比べると、2倍のスループットを実現した」という。アナログ信号入力は、2チャネルのフル差動形式、もしくは4チャネルの疑似差動形式に対応する。入力部にマルチプレクサ回路を備える。チャネルのスキャン・レートは50kサンプル/秒と高く、セトリング時間は20μsと短い。このため、複数のチャネル監視が求められるプロセス・オートメーション機器や計装機器などにおいて、高速化が実現できるとしている。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓