• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【A-SSCC 2012】電子技術フル活用の遠隔医療診断、国立台湾大学病院が基調講演で紹介

【A-SSCC 2012】電子技術フル活用の遠隔医療診断、国立台湾大学病院が基調講演で紹介

  • 清水徹、林越正紀=ルネサス エレクトロニクス
  • 2012/12/05 21:26
  • 1/1ページ
医療と半導体の技術交流の活発化を予感させる興味深い発表があった。2012年11月に神戸で開催された「A-SSCC 2012」で国立台湾大学病院(National Taiwan University Hospital)の病院長、Mig-Fong Chen氏による基調講演である。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓