機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

データセンターの排熱を電力に---2020年の実用化目指すNEC

吉田 勝=日経ものづくり
2012/12/05 17:05
印刷用ページ
 NECは、データセンター(DC)の排熱を再利用するなど省エネルギ化の技術開発を進める。DCが入ったビル内の空調や給湯に排熱を使えるようにする他、2020年には熱電変換によって電力としての再利用を目指す。これにより、データセンター全体のエネルギ消費量を現在から3割以上削減する。2012年12月5日に開催した研究開発説明会で、技術の概要やロードマップを明らかにした。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング