機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

【画像機器展2012】沖電線、マシンビジョンに向く「USB3 Vision可動ケーブル」を開発、高速伝送と高耐久可動性を両立

大石 基之=日経ものづくり
2012/12/05 11:18
印刷用ページ
 沖電線は、マシンビジョンに最適な高耐久可動ケーブル「USB3 Vision可動ケーブル」を開発し、2013年2月から販売を開始する。画像検査装置などのマシンビジョン用途に最適な5Gビット/秒の高速伝送USB3.0に対応し、かつ高耐久可動性という特徴を備えた新しいインタフェース・ケーブルである。部品自動実装装置や外観検査装置、医療用検査装置、半導体や液晶の露光装置などに向ける。2013年度に1億円以上の販売額を目指す。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング