• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、従来品に比べ消費電力を85%削減した携帯型心電計用アナログ・フロントエンドICを発売

TI、従来品に比べ消費電力を85%削減した携帯型心電計用アナログ・フロントエンドICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/12/03 23:25
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、24ビット分解能の入力チャネルを三つ集積した携帯型医療電子機器向けアナログ・フロントエンドIC「ADS1293」を発売した。消費電力はチャネル当たり0.3mWと小さい。同社によると、「従来の同様の製品と比べて、消費電力を85%削減した」という。3チャネルの生体電位計測用途に向ける。具体的なアプリケーションとしては、携帯型心電計(ECG)やホルター心電計(日常生活における心電図を長時間記録する装置)、無線患者モニタリング装置、スポーツ/フィットネス機器などを挙げている。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ