アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

TI、従来品に比べ消費電力を85%削減した携帯型心電計用アナログ・フロントエンドICを発売

山下 勝己=テクニカル・ライター
2012/12/03 23:25
印刷用ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、24ビット分解能の入力チャネルを三つ集積した携帯型医療電子機器向けアナログ・フロントエンドIC「ADS1293」を発売した。消費電力はチャネル当たり0.3mWと小さい。同社によると、「従来の同様の製品と比べて、消費電力を85%削減した」という。3チャネルの生体電位計測用途に向ける。具体的なアプリケーションとしては、携帯型心電計(ECG)やホルター心電計(日常生活における心電図を長時間記録する装置)、無線患者モニタリング装置、スポーツ/フィットネス機器などを挙げている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング