電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

パナソニックの大ヒット商品、「PGSグラファイトシート」は千歳で生まれた

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/12/10 08:00
印刷用ページ
PGSグラファイトシートの開発を進めている、技術チーム PGSユニット ユニットリーダーの久保和彦氏
PGSグラファイトシートの開発を進めている、技術チーム PGSユニット ユニットリーダーの久保和彦氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
焼成プロセスなどの検討を進めている、技術チーム チームリーダーの木村猛氏
焼成プロセスなどの検討を進めている、技術チーム チームリーダーの木村猛氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 スマートフォンの放熱部品として、隠れたヒット商品がある。パナソニック デバイス社が手掛ける放熱シート「PGSグラファイトシート」がそれだ。熱伝導率がアルミニウムの10倍、銅の5倍という優れた特性を示すことから、動作周波数の高いアプリケーション・プロセサを搭載したスマートフォンなどにおける熱対策に、大きく貢献している。

 このシートが、実は北海道で製造されているということをご存じだろうか。一時期は極めて高い市場シェアを誇った同グラファイトシートの開発の経緯には、「技術を決してあきらめない」という技術者たちの苦闘があった。

炭素材料の応用から生まれる

 パナソニック デバイス社の北海道 千歳工場は、同社の「回路部品ビジネスユニット」の中に位置付けられている。同社の電子部品関連の主要工場の一つである。昭和45年(1970年)に設立され、当初からセラミック系の電子部品の製造を主に担ってきた。以前は、積層セラミック・コンデンサ(MLCC)の主要生産拠点だったが、2010年に村田製作所にMLCCの事業を譲渡したため、現在はMLCCではなく、「熱対策」「ノイズ対策」「サージ対策」に関連する部材を主に生産している。PGSグラファイトシートは、このうちの「熱対策」の部品に位置付けられるものである。

 PGSグラファイトシートは、1998年から千歳工場で製造を開始した。当初は薄型ノート・パソコンの放熱用部品として小規模に生産された。もともとこのグラファイトシートは、松下電器産業の本社研究所で開発されたもの。研究所で、炭素材料の応用研究が進められており、その中で熱伝導率が極めて高い材料を開発することができたため、事業化することになった。どこで製造するかという中で、焼成の技術ノウハウを多く抱える千歳工場に白羽の矢が立った。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング