• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【MWE 2012】特性インピーダンスの精度が±0.5Ωと高い同軸ケーブル、TOTOKUが出品

【MWE 2012】特性インピーダンスの精度が±0.5Ωと高い同軸ケーブル、TOTOKUが出品

  • 小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2012/11/30 17:41
  • 1/1ページ
東京特殊電線(TOTOKU)は、同社が独自開発した中空コア構造の高周波対応同軸ケーブルを、MWE 2012(2012 Microwave Workshops and Exhibition)の展示会「マイクロウェーブ展2012」(パシフィコ横浜で11月28日~11月30日に開催)に出品した。設計と製造で工夫をほどこして、細くてもつぶれない独自の中空コア構造を採用したことで、±0.5Ωという高い特性インピーダンスの精度を得た。同社によれば、既存のケーブル(テープ巻発砲体構造)では同精度は±2~3Ωが一般的だったという。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓