• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Analog Devices、256チャネルのX線装置向けアナログ・フロントエンドICを発売、分解能は16ビット

Analog Devices、256チャネルのX線装置向けアナログ・フロントエンドICを発売、分解能は16ビット

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/11/30 00:41
  • 1/1ページ
 米Analog Devices社は、256チャネル入力が可能で、分解能が16ビットのX線装置向けアナログ・フロントエンドIC「ADAS1256」を発売した。電荷量をデジタル値に変換して出力するICである。電荷アンプや、低域通過フィルタ、相関二重サンプリング回路(CDS)、16ビットA-D変換器などを集積した。携帯型放射線医療機器やマンモグラフィ(乳房X線撮影装置)、X線透視撮影装置、循環器診断装置などに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓