• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 米Autodesk社、クラウドで動く3次元CADを発表

米Autodesk社、クラウドで動く3次元CADを発表

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2012/11/29 17:51
  • 1/1ページ
 米Autodesk社は、クラウドサービスとして3次元CADの機能を提供する「Autodesk Fusion 360」を2013年に発売すると発表した。同社が既にシミュレーション機能「Autodesk Simulation 360」やデータ管理機能、コラボレーション機能、レンダリング機能などを提供しているクラウドサービス「Autodesk 360」のメニューに加える。クラウドを介して他の設計者と協業したり、モバイル端末からクラウド上に格納したデータにアクセスして作業したりできる。他社製CADのデータを取り込んで修正することも可能。英語版のみでの提供で、日本国内での発売時期は検討中という。2012年11月27日から米国ラスベガスで開催した「Autodesk University 2012」で発表した。
【技術者塾】(6/16開催)
低コスト設計を支える機械材料の知識

もう仕事で迷わない ものづくり基礎から徹底シリーズ


一般の環境下で使用する材料に絞り込み、実務面に重点を置いた材料の性質の読み方と、具体的な材料選定の手順を「料理レシピ」のように分かりやすく紹介します。熱処理についても、材料知識と合わせて解説します。 詳細は、こちら
日時:2016年6月16日
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ