ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

4K×2Kの業務用モニターをシャープが発売、「IGZO」を導入

田中 直樹=日経エレクトロニクス
2012/11/28 21:54
印刷用ページ
 シャープは2012年11月28日、フルHDの4倍の画素数を持つ4K×2K(3840×2160画素)表示が可能な32型の業務用液晶モニターを発売すると発表した。CAD、映像制作、DTP、金融、監視などの用途を想定している。酸化物半導体「IGZO」を液晶パネルのTFTに採用し、パネルの高精細化と高開口率化を同時に実現したとする。発売日は2013年2月15日、市場想定価格は45万円前後である。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング