• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 「“IPMキラー”でアジア市場を攻める」、マイコンと高集積アナログの1パッケージ品を製品化したActive-Semiに聞いた

「“IPMキラー”でアジア市場を攻める」、マイコンと高集積アナログの1パッケージ品を製品化したActive-Semiに聞いた

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/28 18:18
  • 1/1ページ
 米Active-Semi社は2012年10月下旬、ARMコア・ベースの32ビット・マイコンと、600Vまでの高耐圧に対応するパワー制御用アナログICを1パッケージ化した「PAC(Power Application Controller)」プラットフォームのサンプル出荷を開始した。産業機器や白物家電、太陽光発電など多くの用途で、モータやインバータ、コイルなどの駆動制御に使える。駆動回路に必要なアナログ機能の大半を1パッケージに集積しており、その機能は用途や顧客に応じてカスタマイズ可能だ。マイコンと多数のアナログ部品で構成する、IPM(integrated power module)ベースのパワー制御回路に比べて、「開発期間を半減でき、コストも半分以下に削減できる」(Active-Semi社)。今回、PACの第1弾製品としてそれぞれ異なる用途を想定した10品種のサンプル出荷と、評価用ボードの提供を始めており、2013年初頭から量産する計画だ。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓