• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 「“IPMキラー”でアジア市場を攻める」、マイコンと高集積アナログの1パッケージ品を製品化したActive-Semiに聞いた

「“IPMキラー”でアジア市場を攻める」、マイコンと高集積アナログの1パッケージ品を製品化したActive-Semiに聞いた

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/28 18:18
  • 1/1ページ
 米Active-Semi社は2012年10月下旬、ARMコア・ベースの32ビット・マイコンと、600Vまでの高耐圧に対応するパワー制御用アナログICを1パッケージ化した「PAC(Power Application Controller)」プラットフォームのサンプル出荷を開始した。産業機器や白物家電、太陽光発電など多くの用途で、モータやインバータ、コイルなどの駆動制御に使える。駆動回路に必要なアナログ機能の大半を1パッケージに集積しており、その機能は用途や顧客に応じてカスタマイズ可能だ。マイコンと多数のアナログ部品で構成する、IPM(integrated power module)ベースのパワー制御回路に比べて、「開発期間を半減でき、コストも半分以下に削減できる」(Active-Semi社)。今回、PACの第1弾製品としてそれぞれ異なる用途を想定した10品種のサンプル出荷と、評価用ボードの提供を始めており、2013年初頭から量産する計画だ。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ