技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

矢崎総業、中国工場でストライキ発生---生産は再開へ

近岡 裕=日経ものづくり
2012/11/28 15:44
印刷用ページ

 矢崎総業の中国工場で、2012年11月22日午後に従業員によるストライキが発生したことが分かった。これにより、一時、ある顧客向けのワイヤハーネスの生産が停止。その後、生産は再開し、2012年11月28日16時30分ごろの同社からの情報によれば、「生産量がほぼ100%に戻った」という。このストライキによる納品に関する影響は「最小限になるように努める」(同社)。ストライキによる損失額については明かしていない。

 ストライキが起きたのは、中国広東省スワトー(スワ=さんずいに山、トー=頭)市にある、同社の現地法人であるスワトー経済特区矢崎汽車部件の本社工場。同工場は老朽化しており、安全性を考慮して閉鎖することが決まっていた。同工場には「F4」と「F5」という2棟の建物があり、前者で働く従業員を2012年に、後者で働く従業員を2013年に本社工場から「クルマで数十分ほど離れた」(同社)分工場へと異動する計画だった。

 ところが、F4の生産ラインで働いていた1200人の従業員のうち、約2割に当たる250人ほどが異動を拒否するストライキを起こしたという。なお、「反日」をうたった動きは見られないようだ。

 一部中国紙が報じた「日本人管理者による暴行」があったとの事実関係については「把握していない」(同社)という。

■変更履歴
記事掲載後に、矢崎総業から状況が変わったとの連絡を受け、同社から得た最新の情報に基づき記事タイトルと本文を修正しました。 [2012/11/28 17:20]
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング