• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「学習期」から「成熟期」へ移行し始めた中国LED照明産業

「学習期」から「成熟期」へ移行し始めた中国LED照明産業

  • 石田のり子=グラナージュ代表、コンサルタント
  • 2012/11/26 10:00
  • 1/1ページ
 「第9回 中国国際半導体照明フォーラム(9th China International Forum on Solid State Lighting)」が2012年11月5~7日に中国広州のThe Westin Pazhouで開催された。今回からは広東省科学技術庁や広州市人民政府などによる共同開催となる。中国国家発展改革委員会や科学技術部、工業和信息化部などが産業振興に関する今後の計画を発表した他、LED照明の施設への導入事例やBRICs市場の開拓に向けた討論などが参加者の関心を集めた。LED照明に関して、中国は基礎を学ぶ段階から実践的な問題解決を議論するフェーズへと移行したことを感じさせられるフォーラムだった。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓