• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 神戸製鋼所、米国でカーエアコン用Al鋳造棒の生産設備を建設

神戸製鋼所、米国でカーエアコン用Al鋳造棒の生産設備を建設

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2012/11/22 14:18
  • 1/1ページ
 神戸製鋼所グループの米Kobe Aluminum Automotive Products社(KAAP)は、カーエアコンの圧縮機に使うAl(アルミニウム)鋳造棒の製造設備を建設することを決めた。カーエアコン用Al鋳造棒は、現在、国内では山口県下関市にある神戸製鋼所の長府製造所で造り、国内の豊田自動織機に納めている。豊田自動織機が新たに北米に部品加工会社の米Toyota Industries Compressor Parts America社を2012年2月に設立し、2013年9月に生産を始めることを受け、KAAPに設備を置いて全量を供給することにした。
自動車未来サミット/モビリティーNEXT2016の告知サイト

おすすめ