• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 仏Dassault Systemes社社長「『3D EXPERIENCE』は堅実で現実的な取り組み」

仏Dassault Systemes社社長「『3D EXPERIENCE』は堅実で現実的な取り組み」

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2012/11/21 18:15
  • 1/1ページ
 仏Dassault Systemes社社長兼CEOのBernard Charles氏は、2012年11月20日から同社がベルギー・ブリュッセルで開催している「3D EXPERIENCE FORUM Europe」において、同社が提唱する「3D EXPERIENCE」について「堅実で現実的な取り組みであることを強調したい」などと述べた。3D EXPERIENCEを提供するためのソフトウエア基盤である「V6」アーキテクチャは「現実を科学的に理解した上で、その知見を盛り込んだ製品モデルを扱うことによって、現実と同じ挙動や現象を検証する」ことが目的であり、「単なるV5のバージョンアップとは異なる」と説明した。ただし、同時に「(これまで提供してきたV5以前のツールなどの)ルーツを大事にしながら取り組んでいる」とも述べた。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓