設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

仏Dassault Systemes社社長「『3D EXPERIENCE』は堅実で現実的な取り組み」

木崎 健太郎=日経ものづくり
2012/11/21 18:15
印刷用ページ
 仏Dassault Systemes社社長兼CEOのBernard Charles氏は、2012年11月20日から同社がベルギー・ブリュッセルで開催している「3D EXPERIENCE FORUM Europe」において、同社が提唱する「3D EXPERIENCE」について「堅実で現実的な取り組みであることを強調したい」などと述べた。3D EXPERIENCEを提供するためのソフトウエア基盤である「V6」アーキテクチャは「現実を科学的に理解した上で、その知見を盛り込んだ製品モデルを扱うことによって、現実と同じ挙動や現象を検証する」ことが目的であり、「単なるV5のバージョンアップとは異なる」と説明した。ただし、同時に「(これまで提供してきたV5以前のツールなどの)ルーツを大事にしながら取り組んでいる」とも述べた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング