• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME日経Automotive > 神戸製鋼所、ドイツWieland Group社に自動車向け小型端子コネクタ用銅合金のライセンスを供与

神戸製鋼所、ドイツWieland Group社に自動車向け小型端子コネクタ用銅合金のライセンスを供与

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2012/11/21 14:10
  • 1/1ページ
 神戸製鋼所はドイツWieland Group社に、端子コネクタ用の銅合金「CAC5」の製造販売に関するライセンスを供与することを決め、このほど同社とライセンス供与契約を締結した。「CAC5」は、主に自動車向け小型端子コネクタ用の合金として神戸製鋼所が2005年に開発した製品。Cu-Ni-Sn-P系の組成でありながら、自動車向け小型端子で多くの採用実績のあるCu-Ni-Si系合金と同等の強さと曲げ加工性があり、端子の信頼性に大きく関わる耐応力緩和特性に優れ、コストも低い

おすすめ