• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 「あれこれ迷わず味付けに専念できた」、新型「アテンザ」開発主査が語る「モノ造り革新」の成果

「あれこれ迷わず味付けに専念できた」、新型「アテンザ」開発主査が語る「モノ造り革新」の成果

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2012/11/20 17:28
  • 1/1ページ
 マツダは、新型「アテンザ」の国内市場向け販売を2012年11月20日に開始した。同社は開発・生産を合理化するための「モノ造り革新」を推進しており、新型アテンザはこの取り組みを本格的に適用した2番目の車種となる(最初の車種は2012年2月に発売した「CX-5」)。その成果について、新型アテンザの開発主査を務めた同社プログラム開発推進本部主査の梶山浩氏に聞いた。
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ