設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

「あれこれ迷わず味付けに専念できた」、新型「アテンザ」開発主査が語る「モノ造り革新」の成果

高野 敦=日経ものづくり
2012/11/20 17:28
印刷用ページ
 マツダは、新型「アテンザ」の国内市場向け販売を2012年11月20日に開始した。同社は開発・生産を合理化するための「モノ造り革新」を推進しており、新型アテンザはこの取り組みを本格的に適用した2番目の車種となる(最初の車種は2012年2月に発売した「CX-5」)。その成果について、新型アテンザの開発主査を務めた同社プログラム開発推進本部主査の梶山浩氏に聞いた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング