お薦めトピック

【MEDICA 2012】iPhone/iPadと組み合わせて使う血圧計、ドイツMedisana Space Technologies社が展示

2012/11/19 09:22
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
CardioDock 2
CardioDock 2
[クリックすると拡大した画像が開きます]
CardioDock 2で計測している様子
CardioDock 2で計測している様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
TargetScale 2
TargetScale 2
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ドイツMedisana Space Technologies社は、2012年11月14~17日にドイツ・デュッセルドルフで開催された「MEDICA 2012」で、iPhoneやiPadと組み合わせて利用する血圧計「CardioDock 2」や、体重計「TargetScale 2」を新製品として紹介した。前回のMEDICAでは、同じくiPhoneやiPadと組み合わせる血糖値計測用モジュール「GlucoDock」を展示しており、今回はラインアップを拡充した格好だ。同社は、一連のシリーズを「VitaDock」と呼ぶ。

 血圧計「CardioDock 2」は、iPhoneやiPadに対応するクレイドルと、クレイドルとケーブルで接続されたカフから成る。クレイドルにiPhoneやiPadを接続し、カフを上腕に巻き付けて測定すると、結果がiPhoneやiPadの画面に表示される。すなわち、iPhoneやiPadがないと成立しない血圧計である。

 血圧の測定は、3回連続して測定した値の加重平均を算出する独自の手法を採用。これにより、「より正確な測定が可能になる」(同社)と説明する。既に販売を始めており、価格は129.99ユーロ。

 体重計「TargetScale 2」は、Blutooth機能を搭載した体重計である。単体の体重計としても使える。ただし、iPhoneやiPadの専用アプリケーションを用いることで、データ管理や電子メールによるデータ送信時の暗号化など、さまざまなデータの使いこなしが可能になるとする。価格は149.99ユーロである。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング