• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 【ET2012】インテルとゼンリン、HTML5を使う地図アプリの開発で協業

【ET2012】インテルとゼンリン、HTML5を使う地図アプリの開発で協業

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/15 17:12
  • 1/1ページ
 インテルとゼンリンは、いわゆる「HTML5」を使う地図アプリケーション・ソフトウエアの開発で協業すると発表した。パソコンやスマートフォン、車載情報端末などの複数のプラットフォームに対応するとともに、地図や関連情報をサーバー側で随時更新できる利点がある。インテルは、両社の協業の下でニューフォリアが開発した車載情報端末用のデモ・システムを「Embedded Technology 2012」(2012年11月14~16日、横浜市)に出展した。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ