お薦めトピック

【MEDICA 2012】執刀医の頭の動きと連動する「ロボット内視鏡ホルダー」、東工大が展示

2012/11/15 09:58
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
展示した「ロボット内視鏡ホルダー」
展示した「ロボット内視鏡ホルダー」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ソニー製の3D HMDを用いたデモを実施。黒く四角いのがジャイロ・センサ。3D HMDと一体化したものと、胸ポケットに入れるためもの、計二つある
ソニー製の3D HMDを用いたデモを実施。黒く四角いのがジャイロ・センサ。3D HMDと一体化したものと、胸ポケットに入れるためもの、計二つある
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 東京工業大学は、2012年11月14~17日にドイツ・デュッセルドルフで開催中の「MEDICA 2012」で、ロボット技術を用いた「内視鏡ホルダー」を展示した。内視鏡手術の際、執刀医の頭の動きと連動させて、内視鏡カメラを装着したホルダーを動かすことができる。これにより、内視鏡カメラを執刀医の所望の位置に制御できる。

 従来は、執刀医とは別の医師(助手)がカメラを持ち、執刀医は言葉での指示によって、カメラの位置を変えてもらっていた。今回の技術を利用すると、執刀医が直感的にカメラを制御できるようになる他、カメラを持つ医師(助手)が不要になる。

 カメラの位置制御は、ジャイロ・センサを用いる。同センサを、執刀医の頭部と胸部(胸ポケットなど)に配置することで、執刀医の頭の上下左右の動き、あるいは体の前後の動きとホルダーが連動し、カメラの位置を制御できる。

 専用のぺダルを踏んでいる際のみジャイロ・センサの動きと連動し、へダルを踏まないと動作しない。つまり、カメラ位置を動かす目的ではなく執刀医が他の動作したい場合には、ペダルを踏まずに動作する。

 展示ブースでは、3D対応の内視鏡(新興光器製作所製)と、3D HMD(ソニーの民生市場向け製品「HMZ-T2」)を利用してデモしていた。このため、執刀医の頭部に着けるジャイロ・センサは、3D HMDと一体化させていた。今回の技術は、通常の(3Dではない)内視鏡手術にも対応する。

 東京工業大学は、文部科学省による大学発新産業創出 拠点プロジェクト(START)の制度によって、2013年秋に今回の内視鏡ホルダーを事業化するためのベンチャー企業を設立する予定だという。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング