家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MEDICA 2012】エー・アンド・デイ、健康管理サービス「Wellness Connected」を展示

小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
2012/11/15 09:55
印刷用ページ
Wellness Connectedの画面例
Wellness Connectedの画面例
[クリックすると拡大した画像が開きます]
NFC対応の血圧計からデータ伝送している様子
NFC対応の血圧計からデータ伝送している様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 エー・アンド・デイは、2012年11月14~17日にドイツ・デュッセルドルフで開催中の「MEDICA 2012」で、同年9月に英国で提供を始めたばかりの健康管理サービス「Wellness Connected」を展示した。通信機能を内蔵した同社の健康機器のデータを一元管理できるアプリケーションで、現時点ではAndroidのみに対応する。

 血圧、体組成、歩数、体温のデータを管理できる。これらのデータをNFCあるいはBluetoothでAndroidスマートフォンなどに伝送する。ただし、体温計だけは通信機能搭載機器をエー・アンド・デイが発売していないため、手作業でデータを入力する必要がある。

 Wellness Connectedで集約したデータは、米Microsoft社が提供する健康管理サービス「Healthvault」と連動させることができるという(現時点では英国のみ)。なお、今後は日本など他地域でのサービス提供も検討しているが、具体的な時期は未定だと説明する。

 健康機器メーカーが自ら健康管理サービスを提供する動きは加速している。例えば、オムロン ヘルスケアの「WellnessLINK(ウェルネスリンク)」などがある。エー・アンド・デイが自らサービス提供まで踏み込んだのは、今回のWellness Connectedが初めてである。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング