機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

【ET 2012】「使いやすいタッチ・トリガを実現」、Agilentが静電容量式タッチ・パネル搭載のオシロ

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/11/15 01:37
印刷用ページ
アジレント・テクノロジーは、パシフィコ横浜で開催中の「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展」で2012年11月14日に記者説明会を開催し、米Agilent Technologies社のオシロスコープの新製品「InfiniiVision(インフィニビジョン) 4000X シリーズ」を発表した。最大の特徴は、静電容量式のタッチ・センサー付きのディスプレイを搭載して、画面に表示された波形にタッチするだけで、ゾーン・トリガがかけられる「ゾーン・タッチ・トリガ」機能を標準装備したことである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング