• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > LED電球国内トップのアイリスオーヤマ角田工場を訪問、工場内に「巨大ジュークボックス」を発見《訂正あり》

LED電球国内トップのアイリスオーヤマ角田工場を訪問、工場内に「巨大ジュークボックス」を発見《訂正あり》

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/16 07:00
  • 1/5ページ
宮城県角田市にあるアイリスオーヤマ 角田I.T.P.にある同社中央研究所
[画像のクリックで拡大表示]

 アイリスオーヤマは、現在も代表取締役社長の大山健太郎氏が1971年に設立したメーカー(1991年まで「大山ブロー工業」、さらに前身の「大山ブロー工業所」は1958年の創業)である。同社はプラスチック(樹脂)成型技術を核に、園芸用品や収納用品の製造で成長してきた。ところがこの3~4年ほどは「軽家電」「生活家電」と呼ばれる調理器具や掃除機、空気清浄機、サーキュレータ、そしてLED照明器具などを次々に開発し、業績を伸ばしている。2009年に23アイテムだった「efeel(エフィール)」ブランドの家電製品数は、2012年には130アイテムと急増した。既にLED電球では、国内トップ級のメーカーになっている。

仙台市内にある直営店の様子。efeelシリーズの家電製品が多数。
[画像のクリックで拡大表示]

 大手の電機メーカーの多くが巨額の赤字に苦しむ一方で、アイリスオーヤマによる家電製品分野への「新規参入」が成功している秘密は何か。それを探るため、日経エレクトロニクス誌では『日経エレクトロニクス』の2012年11月26日号で、大山氏にインタビューした。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓