家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【iPad mini分解5】メイン基板は片面実装、目立つ“空きスペース”

日経エレクトロニクス分解班
2012/11/15 14:00
印刷用ページ
図1 メイン基板(表面)
図1 メイン基板(表面)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 メイン基板(裏面)
図2 メイン基板(裏面)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 表面にはリンゴ印のプロセサや電源制御IC、SanDisk社製のフラッシュ・メモリが実装されている
図3 表面にはリンゴ印のプロセサや電源制御IC、SanDisk社製のフラッシュ・メモリが実装されている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 分解後のiPad mini
図4 分解後のiPad mini
[クリックすると拡大した画像が開きます]

その4から続く)

 「iPad mini」の分解の最後は、メイン基板の観察だ。筐体下部からメイン基板を取り外して、表面に施された金属シールドを剥がしていく。

 iPad miniのメイン基板は、片側のみに主要部品やコネクタ類が実装されている。裏面には何も実装されていない。しかも、実装面には“空きスペース”が異様に多い。日経エレクトロニクス分解班が入手したのは、無線LAN機能のみを備えた「Wi-Fiモデル」。LTEやHSPAなどにも対応した「Wi-Fi+Cellularモデル」では、この空きスペースに通信回路が実装されている可能性がありそうだ。

 メイン基板の中央に実装されているのは、リンゴ印の刻印が入ったアプリケーション・プロセサ「A5」と電源制御IC「343S0593-A5」。これまでのApple社製品から推測すると、それぞれ韓国Samsung Electronics社とドイツDialog Semiconductor社が製造したものとみられる。

 意外だったのは、16Gバイトのフラッシュ・メモリが米SanDisk社製だったこと。米IHS iSuppli社によると、東芝や韓国SK Hynix社も供給しているようだが、分解班にとっては初顔となった。その他の供給メーカーはほぼ変わっておらず、Apple社製品の完成度の高さを再認識させられた。

 以上で、iPad miniの分解速報はひとまず終了となる。毎度のことだが、手元には修復不可能なiPad miniが残った。なお、詳細記事は、日経エレクトロニクスの2012年11月26日号で掲載予定である。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング