• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 【ものづくりNEXT2012】オリンパス、含有元素と含有率を分析できるハンドヘルド蛍光X線分析計を出品

【ものづくりNEXT2012】オリンパス、含有元素と含有率を分析できるハンドヘルド蛍光X線分析計を出品

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2012/11/14 16:46
  • 1/1ページ
 オリンパスは、含有元素と含有率を分析できるハンドヘルド蛍光X線分析計「DELTA」シリーズを、「ものづくりNEXT↑2012」(2012年11月14~16日開催、東京ビッグサイト)に出品した(図)。現場に持ち込めるのが最大の特徴で、従来の大型の蛍光X線分析計を使う場合と違って、分析対象とする試片を切り出す必要がない。価格も「従来の大型のものが1000万円ぐらいするのに対して、DELTAシリーズは300万~600万円程度」(同社の説明員)という。
【技術者塾】(5/23開催)
冷間鍛造・精密せん断・板鍛造の基礎と応用

~設計課題を解決する新しい金属加工法~


常温で金属に圧力をかけて、金型に沿った形状に加工する冷間鍛造・精密せん断・板鍛造は、材料の歩留まりが高く、高精度で高付加価値の形状を加工できます。これらの工法の基礎知識や応用例を得ることで、より低コストで高性能な部品の作製や調達が可能になります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月23日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ