次世代工場 工場の将来像が見える
 

【ものづくりNEXT2012】オリンパス、含有元素と含有率を分析できるハンドヘルド蛍光X線分析計を出品

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2012/11/14 16:46
印刷用ページ
 オリンパスは、含有元素と含有率を分析できるハンドヘルド蛍光X線分析計「DELTA」シリーズを、「ものづくりNEXT↑2012」(2012年11月14~16日開催、東京ビッグサイト)に出品した(図)。現場に持ち込めるのが最大の特徴で、従来の大型の蛍光X線分析計を使う場合と違って、分析対象とする試片を切り出す必要がない。価格も「従来の大型のものが1000万円ぐらいするのに対して、DELTAシリーズは300万~600万円程度」(同社の説明員)という。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング