• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 日立、POWER7+プロセッサーを搭載した科学技術計算用コンピュータの新製品を発売

日立、POWER7+プロセッサーを搭載した科学技術計算用コンピュータの新製品を発売

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2012/11/14 16:37
  • 1/1ページ
 日立製作所は、衝突解析や流体解析などの科学技術計算分野向けのコンピュータ「SR16000」シリーズの新製品として、CPUに米IBM社の「POWER7+プロセッサー」を搭載した「SR16000 モデルXN1」を発売する。POWER7+の採用に加えて、80Mバイトの大容量オンチップL3キャッシュメモリーを搭載したことで、消費電力あたりの演算性能は727MFLOPS/Wと、従来機「同モデルXM1」の1.7倍に高まった。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓