• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、待機時消費電力を10mW以下に抑えられるACアダプタ向け電源制御ICを発売

TI、待機時消費電力を10mW以下に抑えられるACアダプタ向け電源制御ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/11/13 15:06
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、無負荷状態の待機時消費電力を10mW以下に抑えられるACアダプタ向け電源制御IC「UCC28710」を発売した。アナログICに向けた同社独自の0.25μmプロセス技術「LBC7HV」を採用して700V耐圧の起動スイッチを集積することで、低い待機時消費電力を実現した。欧州委員会(European Commission)で策定された無負荷時消費電力に関する規制値の「5-Star(30mW以下)」をクリアできる。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓