• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【iPad mini分解3】ガラスからフィルム基板に変更されたタッチ・パネル

【iPad mini分解3】ガラスからフィルム基板に変更されたタッチ・パネル

  • 日経エレクトロニクス分解班
  • 2012/11/13 17:30
  • 1/1ページ
図1 「iPad mini」(右)と「iPad」(第3世代品、左)のカバー・ガラスの背面
図1 「iPad mini」(右)と「iPad」(第3世代品、左)のカバー・ガラスの背面
[画像のクリックで拡大表示]
図2 iPad miniはフィルム基板を用いたタッチ・パネルを搭載
図2 iPad miniはフィルム基板を用いたタッチ・パネルを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
図3 iPad(第3世代品)はガラス基板を用いたタッチ・パネルを搭載していた
図3 iPad(第3世代品)はガラス基板を用いたタッチ・パネルを搭載していた
[画像のクリックで拡大表示]
図4 iPad miniのカバー・ガラスとタッチ・パネルの厚さは約0.8mm
図4 iPad miniのカバー・ガラスとタッチ・パネルの厚さは約0.8mm
[画像のクリックで拡大表示]
図5 iPad(第3世代品)のカバー・ガラスとタッチ・パネルの厚さは約1.3mm
図5 iPad(第3世代品)のカバー・ガラスとタッチ・パネルの厚さは約1.3mm
[画像のクリックで拡大表示]
図6 iPad miniではFPC上の別基板にタッチ・コントローラICを実装。Broadcom社製である
図6 iPad miniではFPC上の別基板にタッチ・コントローラICを実装。Broadcom社製である
[画像のクリックで拡大表示]

その2から続く)

 大きなトラブルもなく、米Apple社の「iPad mini」の分解に成功した日経エレクトロニクス分解班。ここからは、主要部品の観察を進めていく。

 iPad miniの特徴の一つが、前面のカバー・ガラスに接着剤で貼り付けられた静電容量式タッチ・パネルだ。今回のiPad miniでは、基板が従来のガラスからフィルム(樹脂)に変更されている。

 タッチ・パネルの基板を、ガラスからフィルムに変更する利点の一つは、薄型化を図れることだ。iPad miniにおける、カバー・ガラスとタッチ・パネル合計の厚さは約0.8mm。ガラス基板を用いていた「iPad」(第3世代品)の約1.3mmに比べて、約0.5mm薄くなった。ひと足早く発売されたスマートフォン「iPhone 5」に導入された、タッチ・パネルの機能を液晶パネルに内蔵する「インセル」技術ほどではないが、薄型化に貢献したといえそうだ(日経エレクトロニクスの関連記事)。

 iPad miniのタッチ・パネルでは、2個のタッチ・コントローラICの実装位置も変更されている。実装されているのは、タッチ・パネルとメイン基板を接続するフレキシブル基板(FPC)上にある別基板。これまでのiPadシリーズ3機種では、タッチ・コントローラICはメイン基板上に実装されていた。タッチ検出時の感度を高めるため、もしくは薄型化に伴い実装位置が変更された可能性がありそうだ。なお、2個のタッチ・コントローラICは共に、米Broadcom社製だった。

 分解班は、さらに別の主要部品の観察を続けていく(その4に続く)。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓